スポンサーサイト

Posted by 深城寺 雪広 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『パラノーマル・インシディアス』

Posted by 深城寺 雪広 on 25.2015 0 comments
パラノーマル・インシディアス [DVD]パラノーマル・インシディアス [DVD]
(2014/07/25)
キャット・アルター

商品詳細を見る


 『SPELL FORCE2』という輸入ゲームをようやくクリアした。
 ファンタジー系のRTSで、西欧ファンタジーが好みの自分にピッタリのグラフィック。
 ゲームバランスも良く、やり応え十分。
 海外モノでバグがあり、海外サイトの表記を見つけられなければ、およそクリアできない代物。
 日本メーカーの安心感と比較してしまうが、日本版が出ていないようなのでしょうがない。
 
 クリアするまでの時間も長い。
 多少のパズル要素があり、それを理解しないと先に進めない。 
 しかも、セリフまで長い。
 会話には進行上のヒントも存在するから、私のような不勉強な人間には向いていない。
 それでもクリアできたのは、これまでのゲーマーとしての経験だ。
 苦労があった分、クリアは自分の中では勲章級。
 しかし、たいていの洋ゲーがそうであるように、エンディングが薄い。
 苦労に報いようとするサービス精神が、欠如しているのではないだろうか?


 さて、本作。
 邦題をみれば、明らかに商業意識が見え隠れする。
 しかし原題は『Bell Witch Haunting』で、内容もある程度予測が可能だ。
 
 内容は、シカゴからテネシーに引っ越してきた家族のPOVホラー。
 ブランドン(たぶん高校生)が誕生日にプレゼントされたカメラで、家族の様子を撮りまくり。
 しかも、家では不可解な現象が起き、周囲の人間は殺害されてしまう。
 やがて、危機は家族にも及ぶという感じ。

 製作陣は、B級ホラーの娯楽要素を理解している様子。
 POVながら、色気を入れることも忘れない。
 水着、トップレスをはじめ、姉ちゃんと友人達は下着姿続出。
 途中に起きる霊現象も、バランスは悪くないだろう。

 終盤に近付くにつれ、物語のテーマが露出する。
 知らずに観ると、POVなのにリアルさに欠けるという印象。
 おそらく、興醒めする人も多いのではないか?
 
 鑑賞後、本作は元ネタがある事を知る。
 原題がまさにそれで、テネシーに伝わる魔女系の民間伝承だった。
 劇中にもあるが、ジョン・ベルなる人物が1800年代初頭にノースカロライナより移住。
 三人の子供を授かるが、その子らは屋敷で起こるポルターガイスト現象に悩まされたようだ。
 また、ジョン・ベル自身も、コーン畑のなかで奇妙な生物に遭遇したらしい。
 頭はウサギ、胴体は犬。
 うなぎ犬ならぬウサギ犬の発想は、これまで聞くことがなかった。

 伝説を確認してみると、本作に出てきたネタとリンクすることが多々ある。
 邦題で先入観を持たず、テネシーの伝説を知る人にとっては、ソコソコに楽しめるだろう。
スポンサーサイト
Category : ホラー映画

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

深城寺 雪広

Author:深城寺 雪広
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

fc2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
1583位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ホラー
32位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中! 内容気に入ったらで結構です。 ↓クリックお願いします!

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

Copyright © 死霊の試写会:深城寺雪広のホラー映画ブログ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。