スポンサーサイト

Posted by 深城寺 雪広 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『人狼村 史上最悪の田舎』

Posted by 深城寺 雪広 on 19.2013 0 comments
『人狼村 史上最悪の田舎』
2011年
スペイン
監督:フアン・マルティネス・モレノ


人狼村 史上最悪の田舎 [DVD]人狼村 史上最悪の田舎 [DVD]
(2013/01/12)
カルロス・アレセス、マベル・リベラ 他

商品詳細を見る



先日、『インブレッド』を鑑賞。
本ブログの記事っを書いたが、手違いで保存されず。
モーレツに落ち込み、同じ記事など書けるか!!とパソコンに向かって文句を言う。

危惧していた異動は免れたものの、安堵とともに虚脱状態になる。
ブログを書く気も失せ、ひたすらYoutubeを見るだけ。
書くことの情熱を取り戻さねば、私はただのオタクだ。

さて、『人狼村』。
史上最悪の田舎という副題が、ヘタレっぽさを漂わせる。
しかし、製作はスペイン。
スペイン産は、私的には好みが合う作品が多い。

ストーリーは、小説家トーマスがかつて暮らしていたアルガ村の名誉村民になったところから始まる。
授賞式とやらに招待を受け、村を訪れる。
親友のカリストと旧交を温め、式典の開催を待つトーマス。
ところが、それはトーマスを陥れる罠だった。
村には100年前にかけられた呪いが存在し、それを解く鍵がトーマスだったのだ。
トーマスは、村の地下に幽閉された怪物への生贄にされてしまうが……。




まず、主人公であるトーマス役の俳優に味がある。
わき役も然りで、これは作品に大きな影響を与えている。
しかも、マスコット・キャラとして犬が行動を共にし、愛らしい演技で良いアクセントとなっている。

グロ描写はほとんどないが、作風とは関係ないので気にならず。
演出は適度なコメディを含んでおり、私的には笑いのツボが一致した。
爆破で吹っ飛ぶ人狼のシルエットなど、画的に印象的なものもある。
意外な人物が死んでしまったり、ラストも工夫されていたりと、好感を持てる部分が多い。
ホラーとして怖くはないが、一作品としてのクオリティは邦題以上であった。
スポンサーサイト
Category : ホラー映画

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:深城寺 雪広
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

fc2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ホラー
30位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中! 内容気に入ったらで結構です。 ↓クリックお願いします!

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

Copyright © 死霊の試写会:深城寺雪広のホラー映画ブログ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。