スポンサーサイト

Posted by 深城寺 雪広 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ボニー&クライドVSヴァンパイア』

Posted by 深城寺 雪広 on 20.2013 0 comments
『ボニー&クライドVSヴァンパイア』
2008年
アメリカ
監督:ティモシー・フレンド
90分

ボニー&クライド vs. ヴァンパイア [DVD]ボニー&クライド vs. ヴァンパイア [DVD]
(2012/08/03)
ティファニー・シェピス、トレント・ハーガ 他

商品詳細を見る



 金曜日に休暇を利用し、眼科へ行った。
 飛蚊症が気になるようになったからだが、場合によっては網膜剥離なぞの疑いもあるらしい。
 さすがに失明は困るので、ようやく検査に踏み切った。

 金曜日の午前中。
 お年寄りばっかりで、激混み。
 1時間の待ち時間で検査開始。
 
 検査は、目薬を点して瞳孔を開き、眼底を診てもらう。
 20分~30分で瞳孔は開くらしい。
 見づらくなるとの事前情報だったので、時計を確認しながら変化を待った。
 若干のボヤけがあった気がするが、結構見えている。
 ひょっとすると、薬が効いていない!?
 私の眼は、薬に耐性があるストロング眼だ!!
 ちょっと得意げになって診察を受けたら、しっかり瞳孔は開いていたらしい。
 
 結果、以前に穴が開いて、色素が定着したとの説明。
 それでもレーザー手術の必要はなく、また様子が変化したら検査を受けるように言われた。
 むむう、穴が開いていたとは!
 病院を出たら、眩しくてたまらない。
 当り前か、瞳孔開いているんだから。
 ああ、太陽がいっぱいだ。

 さて、本作の『ボニー&クライドVSヴァンパイア』。
 いかにもB級といった雰囲気が感じられるが、たまに爽快感抜群の作品にあたることもある。
 その望みを託して、鑑賞を始めた。

 タイトルどおり、ボニーとクライドが主人公。
 二人の性格などが延々と描かれている。
 それと並行して、ヴァンパイアの復活を画策する謎の医師のストーリーが展開。
 医師の妹は、これまでに見たこともない天然キャラ。
 天然でなければ、ソコソコのルックス。
 このキャラが、ゆるーい雰囲気を醸し出し、微妙なオリジナルティを創出。
 
 ボニーとクライドがヴァンパイアを撃ちまくり・殺しまくりを期待したが、画は迫力不足。
 怪奇医師の腐った身体に処置を施すシーンだけが際立つ結果となった。
 肝心のヴァンパイアも、存在感は薄い。
 演出によっては、俳優の魅力をもっと引き出せたかも。 
スポンサーサイト
Category : ホラー映画

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

深城寺 雪広

Author:深城寺 雪広
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

fc2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
1303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ホラー
33位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中! 内容気に入ったらで結構です。 ↓クリックお願いします!

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

Copyright © 死霊の試写会:深城寺雪広のホラー映画ブログ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。