スポンサーサイト

Posted by 深城寺 雪広 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アックス・ジャイアント』

Posted by 深城寺 雪広 on 23.2014 0 comments
『アックス・ジャイアント』
2013年
アメリカ
監督:ゲイリー・ジョーンズ

アックス・ジャイアント [DVD]アックス・ジャイアント [DVD]
(2013/11/02)
ジョー・エステヴェス、ダン・ハガティ 他

商品詳細を見る


とりあえず、ジャケ写を見てほしい。
凶悪さ、禍々しさを醸し出すナイスなデザインである。
期待はずれだと思う反面、もしかしてパート2なんてことになる可能性もある。
結局、観るしかない。
観ないことには始まらない。
『観れば判るさ、ありがとう』とは、誰の言葉だったか。
勝手に北朝鮮に渡ってしまうあの人も、同種の言葉を口にしていたが……。

さて、本作。

ホーム刑務官の元で、刑務所の矯正プログラムに参加するティーンズたち。
このプログラムを受けると、刑務所を出ることができるらしい。
しかし、ホーム刑務官のしごきは半端なく、山で体力的にヘトヘトになるまで体を動かす羽目になった。

メンバーの一人が白骨化した牛の角を持ち帰ったことから、事件は勃発する。
突如と現れた巨人。
でかい斧を振り回し、メンバーの一人は真っ二つにされた。
巨人から逃げまどうメンバーたち。
一人、また一人と命を落としていく。

あの巨人の正体は?
はたして、メンバーの運命はいかに。

……という、単純なストーリーである。
全体的な印象として、娯楽C級ホラーの位置づけながら、この手の作品を好む観客にとってはバランスの良い内容といえよう。
CG甘めながらも、巨人の斧の犠牲となるチョンパ度はしっかり。
巨人のデザインが私的にはイマイチだが、CG合成のしょーもなさが逆に一つの魅力となって、ファックな映画とはいえない代物になっている。

劇中に巨人の正体を示唆する内容が盛り込まれているが、元ネタはポール・バニヤンという伝説の樵だ。
本作を観るまで知らなかったが、ノース・アメリカの民話等に出現するもので、ミシシッピ川誕生にも絡むと言われている。
このポール・バニアン。
別に怖ろしい伝説ではなく、青い牛・ベイブを連れた体のでかい樵で、何十人分もの仕事を一人でこなす、ゴッド樵のような存在として扱われている。

それが、人間を虐殺する殺人鬼と描かれるところに、本作の大胆さが窺える。
最終的には、お決まりの人間のエゴなんかを題材にして、人としてどう生きるべきなのかを考えさせる意味も含んでいるのだが、娯楽度満点だった流れを押し返すだけの描写ではないと言っておこう。

注目すべきは、エンドロールに流れる曲『ザ・バラード・オブ・ポール・バニアン』。
その歌詞を噛みしめてほしい。
スポンサーサイト
Category : ホラー映画

『インフェクション デッドウォーター 』

Posted by 深城寺 雪広 on 21.2014 0 comments
『インフェクション デッドウォーター 』
2012年
アメリカ
監督:グレン・シアーノ

インフェクション-デッドウォーター- [DVD]インフェクション-デッドウォーター- [DVD]
(2013/07/26)
マイケル・マドセン、クリスティ・カールソン・ロマーノ 他

商品詳細を見る


 本ブログ、久し振りの更新である。
 私は新しいことに果敢に取り組んだり、社交性を発揮してアウトドアに走る性格ではない。
 できれば、休みの日は映画やゲームに興じ、平日にたまったストレスを解消したい。
 外部との接触は極力避けたいのであるが、会社勤めの身である以上、それもままならぬ。
 静かに生きようとしても、日常的に発生する外的要因は予想以上に多い。
 こちらに意図がなくても、予定外の時間が他人によって奪われるのだ。


 
 趣味においては、他人とのコミュニケーションは楽しい。
 ただし、日常において、その趣味の時間は極めて少ない。
 人生の大部分は、自ら望むものとは別種なのだ。
 不本意なものに大半の時間を費やす。
 我がライフスタイルは、おそらく間違っているのだろう。

 しかしながら、これこそが私と社会をつなぐ唯一の手段かもしれぬという思いもある。
 辛うじて社会にぶら下がっている自分。
 これもまた、社会の一員として生きるという意味では正解なのだろう。

 さて、本作。
 ジャケ写見ても、その内容を窺いしることはできない。
 中央のバイオハザード・マークだけが唯一の手掛かりである。
 
 内容は、こうだ。
 未知のウイルスの蔓延。
 感染者は怪物と化し、他人を襲って喰らう。
 この設定にヒネりも何もない。
 監督は、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』しかゾンビ作品を観ていなのではないか?
 そんな疑問すら持ってしまう内容である。

 週末を狩猟で過ごす主人公たち。
 親子の絆など、いちおう人生劇場を用意するも、決して涙を流したり、同調できるような描き方ではない。
 そこでゾンビに襲われ、籠城するといったシンプル路線を辿る。

 ゾンビメイクも、ほぼ手抜き。
 まあ感染者だから、あからさまなメイクの必要はないが、ぞのデザインはこのジャンルにおいて必要不可欠。
 そのため、怖くない・魅力ない・つまらないの3ナイツに陥っている。

 本作のウリは、主役のマイケル・マドセンらしい。
 耳にピアスなんかして、オヤジの色気なぞを強調。
 煙草をふかして眼を細めた表情は渋いが、それが憧れにまでなるかというと疑問。
 ちなみに、私の憧れは『マイアミ・バイス』のドン・ジョンソンで、白いジャケットを着てフェラーリに乗るという夢を与えてくれた。

 まとめるならば、娯楽性や刺激性に欠ける、一昔前のゾンビ映画亜種といった感じである。
 
Category : ホラー映画
HOME 

プロフィール

深城寺 雪広

Author:深城寺 雪広
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

fc2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
1262位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ホラー
28位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中! 内容気に入ったらで結構です。 ↓クリックお願いします!

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

Copyright © 死霊の試写会:深城寺雪広のホラー映画ブログ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。