スポンサーサイト

Posted by 深城寺 雪広 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『STILL 鬼4忌』

Posted by 深城寺 雪広 on 16.2013 0 comments
『STILL 鬼4忌』
2010年
タイ
監督:4名によるオムニバス
・CHARATCHAI KETNUST
・MANUSSA VORASINGHA
・TANWARIN SUKKHAPISIT
・POJ ARNON


STILL


 週末に飲むためのワインを買いに、会社帰りに成城石井に行く。
 ワインの試飲をやっていたが、先にもらった中年女性が店員を目前にして言い放った。
 『ビールの方がいいわッ!』
 店員に対する配慮の欠片もなく、もしも私がアメリカ人だったら両手を上げて首を振ったことであろう。
 
 気を取り直して、ワインを物色。
 ふと見た先に、ウイスキーが陳列してある。
 入社したての頃は、いろいろな酒を試した。
 カクテルにまつわるエッセイも読み、背伸びしたい時期だったと懐かしむ。
 一番印象に残っているのは?
 と聞かれれば、バーボンであろう。
 メーカーズ・マークを好んで飲んでいた。
 昔に乾杯でもするか。
 気取って、ボトルを探してみる。
 しかし、目は別のボトルに止まった。
 HEAVEN HILL。
 名前も良い。
 ラベルのデザインも良い。
 ケンタッキー・バーボン。
 良いではないか。
 値段も1000円をわずかに超える程度。
 ワインとともに、思い切って購入。
 電車で1時間、2本のボトルを護送する任務となった。

 バーボンという名称は、何故かカッコいい。
 それを飲もうとする自分も、少なからずカッコいい。
 こういう酒は、普通に飲んではいけない。
 精一杯背伸びして、自己に酔わねばならない。
 
 西部劇でも観るか?
 ふさわしい状況を、アレコレ思い描く。
 NANODA。
 頭の中に、アルファベットが浮上する。
 一つの漠然としたイメージが、ゆっくりと像を結ぶ。
 私はおもむろに準備を始める。
 
 はちまき。
 腹巻。
 ステテコ。
 そう、ある男のスタイルに限りなく似てきた。
 私はグラスを傾け、芳醇な香りを楽しむ。
 これが、アメリカか!?
 そう、他人には理解されないであろう。
 完全に和のスタイルだ。
 当初求めていたイメージと、えらくかけ離れている。
 しかし、今日はこれで良い。
 これはこれで、わたしなりのバーボンなのだ。
 さきほどのアルファベット、NANODA。
 吾輩は、バカボンのパパなのだ!!
 タリラリラーの、コニャニャチハなのだ!!文字色
 ……。

 さて、いつもより前置が長くなったが『STILL 鬼4忌』。
 タイ・ホラーではオムニバス形式の作品が多いらしい。
 私が鑑賞したのは台湾版で、ジャケットの説明は中国語。
 作品自体は英語の字幕で鑑賞できたが、ジャケットの説明には実話を基にしたストーリーのようだ。
 
 第一話『火炎』
 タイのナイトクラブで、大晦日のカウントダウン・パーティー。
 火災が発生し、多くの死傷者を出した。
 アームは恋人のパムと来店していたが、二人の仲はギクシャク。
 離れた間に火災が発生。
 パムは帰らぬ人となった。
 悲しみに沈むアーム。
 立ち直れなくなったアームは、自殺を試みるが……。

 第二話『獄中にて』
 死刑囚として投獄された青年。
 入所時に、自殺した死体を目の当たりにする。
 脱獄する唯一の方法は、自殺だけだ……。
 看守の一言が、青年に重くのしかかる。
 青年は、眠れぬ夜が続く。
 青年に語りかける隣房の男。
 不可解な現象に、青年は追い詰められていく。

 第三話『復讐』
 とあるマンション。
 家出少女が、薬の売人の部屋を訪れる。
 金が無かった少女は、売人と一夜を共に。
 翌朝、少女は売人の不在中に、部屋を物色。
 帰宅した売人にみつかり、命を落としてしまう。
 死体の処分に困った売人は、少女の遺体をマンションの貯水タンクに投げ入れる。
 やがて、各部屋の水道からは不可解な現象が見られ、住民たちは異変を感じ取るが……。

 第四話『恐怖のホテル』
 立ちんぼお姉ちゃんが、二人の若者客をゲット。
 ホテルの到着するが、薄気味の悪い婆さんが待っていた。
 婆さんは、姉ちゃんの泊まる部屋で過去に殺人があったと告げる。
 不安に駆られる姉ちゃんだったが、何故か過去の殺人現場を目撃する羽目になる。


 全体的に、描写は控え目。
 スプラッター度は、それほど高くない。
 幽霊描写も特筆すべきものはなく、私的には物足りない。

 ただし、三話の『復讐』だけは、タイ特有の怖さがある。
 貯水タンクに投げ込まれた死体は、当然腐乱していく。
 その水を、住人は飲んだり、顔を洗ったりする。
 生理的な気色悪さが優先するので、日本ではまずあり得ない描写が観客を直撃する。
 某マンガのトラウマ騒動が記憶に新しいが、稀に含まれるタイ式ホラー描写の方が私には効果を発揮する。
 
 
 
 
スポンサーサイト
Category : 輸入ホラー

『the Dawn』

Posted by 深城寺 雪広 on 02.2013 0 comments
『the Dawn』
2007年
アメリカ
監督:LINWOOD D.NEVERSON
82分

032.jpg


わずか数カ月前の円高が、嘘だったように思える。
DVDやゲームが信じられない安さで購入でき、私のようなコレクターの購買意欲をそそりまくったのではないか。
部屋の片隅に積み上げられた戦利品を、消化すべく眺める日々。
休みが終わると、次の休みまでが待ち遠しくてしかたない。
その休みが出勤となると、たとえようもない怒りがこみ上げる。
平日は、映画やゲームを楽しむ時間も気力もない。
こんなことでは、マニア力が落ちてしまう。
気ばかりが焦り、それが全体的にマイナス傾向に引っ張っていく。

とりあえず、先に進めねばならない。
ゲームは『ディアブロⅡ』と『デッド・アイランド』を同時進行で。
映画はその日の気分にあったものを。
ようやく鑑賞を始めた『Xファイル』はシーズン2の半ば。
『FBI 失踪者を追え!』は、ようやくシーズン1を終了。
私の行動は、世間から数年以上の遅れをとっている。


さて、『the Dawn』。
詳細は知らないが、アメリカのインディーズ・ホラーのようである。
ジャケ写にインパクトがあり、鑑賞してみた。

大学の授業風景。
黒人教授の授業風景。
講義を茶化したり、集中しない生徒たち。
突然、廊下で悲鳴が上がり、駆けつけた生徒たちのみたものは、女性の惨殺死体だった。

数日後、フィールドワークに出かける学生たち。
郊外の農場に宿泊し、体験するのが目的だった。
しかし、そこで待っていたものは、恐怖の一夜だった。



ホラーの定番ともいえるパターンかと思ったが、実は違った。
冒頭の女性惨殺死体で期待させるのだが、その後はなかなか人が死なない。
危ない雰囲気になっても、必ずスカす。
スカされるたびにモヤモヤは溜まり、それは最後まで解消されずに終わった。

終わってみれば、犯人探し的要素を重視しており、そのネタに自信を持っているのがわかる。
しかし、それは製作側の自己マンで、ホラーを求める観客とは乖離している。
その犯人は驚くべき人物ではないし、到底スゴいアイデアと呼べるものではないのだ。

これは予想だが、殺しのシーンがきわめて少ないのは、予算不足もしくは特殊メイク担当にそれだけの技量がなかったのではないかと思われる。
数少ない死体描写は中々グロかっただけに、どうにも残念だった。

最後に、印象に残ったシーンを一つ。
黒人教授が蝋燭を立てて、なにやら怪しい儀式。
床に膝まづき、祈りを捧げる。
すると教授はトランス状態になり、苦しげな雰囲気。
手には、大型のナイフが!!

うむむむ、むーん。
教授の痙攣がMAXに達すると、なんと教授の姿は女学生の部屋にあった。
念力によって、自分の像を映し出したか!!
ベッドのまくら元に立ち、女学生を狂気の眼差しで見下ろす教授。

レズ行為を終えて一人で寝ていた女学生は、教授の姿に気づかない。
トップレスというなまめかしい姿で寝返りを打つ女学生。
教授のナイフが胸元に!?
と思ったら、教授の姿は消えていた。
女学生は、覗きをされたと勘違いし、部屋を飛び出してギャーギャー騒ぐだけだった。
何も、起きない。
何も、たさない。
ピュア・モルトなホラーである。

Category : 輸入ホラー

『EVIL BREED / THE LEGEND OF SAMHAIN』

Posted by 深城寺 雪広 on 07.2013 0 comments
『EVIL BREED / THE LEGEND OF SAMHAIN』
2003年
カナダ
監督:CHRISTIAN VIEL


Evil Breed: The Legend of Samhain [DVD] [Import]Evil Breed: The Legend of Samhain [DVD] [Import]
(2005/10/24)
Bobbie Phillips、Howard Rosenstein 他

商品詳細を見る



ゴールデンウィークは、あっという間に終わった。
体調を崩したせいで、満足感は全くない。
しかも、相変わらず体はだるい。
いつにもまして、仕事したくないモードに陥るが、それもどうにもならない。
ここはひとつ、とっておきのジャケでも掲載し、気分の高揚を図ろうではないか。

そこで、『EVIL BREED』。
注目は、やはりジャケ写であろう。
男だったら、迷わず買い。
そのような、強烈なアピールポイントを有している。

ホラーとは、こういうものではないかい。

ジャケは、語っている。
色気抜群の姉ちゃんと、その首根っこをつかむモンスターの腕。
エロ・グロ・モンスター。

くぅ~~ッ。

思わず貴方はカビラのため息を漏らす。
心配するなかれ、この姉ちゃんはしっかり全裸で虐殺されるのだ。

この女優、実はジェナ・ジェイムソン
アメリカのポルノ女王で、ホラーでは『ゾンビ・ストリッパー』にも出演。
やはり、そっち系では貫禄のある演技をしている。
本作では、腹を真一文字に割かれ、ウォーウォーと大騒ぎされながら、内臓をほとんど抜かれてしまう役。
ジャケ写では主役級なれど、実はチョイ役である。

本作の特徴は、近親相姦を繰り返したことによって突然変異を起こした種族が繰り広げる変態家族系。
ゴア度に力を入れるものの、チープめなので安心して楽しめる。
変態家族は人喰いで、人間の手足を切断してバーベキューなんてシーンもあり。
ティンコまでコンガリなのがウケる。

他にも、肛門から直腸を延々と引っ張り出されて息絶える男などもインパクト大。
ヒロインも特徴的で、カナダ産にしてはエンターテイメントを忘れていない作品に仕上がってる。
まあ、クセモノ作品であることは否定できないが……。

Category : 輸入ホラー

『サマーキャンプ・インフェルノ (SLEEPAWAY CAMP)』

Posted by 深城寺 雪広 on 05.2013 0 comments
『サマーキャンプ・インフェルノ (SLEEPAWAY CAMP)』
1983年
アメリカ
監督:ロバート・ヒルツィック


001.jpg


 世間は、ゴールデンウィークである。
 こちらは突然の発熱に苦しみ、予定がすっかり狂ってしまった。
 ようやく映画やゲームができるぐらいには回復。
 思い起こせば、昨年も同様だった。
 日々の疲れがゴールデンウィークという甘えによって吹き出し、わが肉体に振りかかる。
 このままいけば、来年もきっと同じだろう。
 
 さて、『サマーキャンプ・インフェルノ (SLEEPAWAY CAMP)』。
 日本では80年代ホラー・ブームでビデオ化されていたらしい。
 しかし、日本でのDVD化情報は今のところ存在しない。

 実は本作、ネット上で概要を知ることができる。
 大筋は、邦題で想像がつく。
 いわゆるキャンプ系というものだ。
 キャンプにやってきた若者たちが、エッチと馬鹿騒ぎに狂い、皆の知らぬところで一人一人殺されてしまうというアレである。
 私も80年代ホラー経験者なので、この設定には揺るぎない信頼感を置いている。
 一年を通じて、キャンプ・ホラーを欲して止まない時期が必ずやってくるのだ。
 今回も、その時期がやってきた。
 しかも、偶然にも本作が何かとてつもないものを秘めているらしいと知ったのである。
 そのようなことを聞いたら、観ずにはいられないのがマニア道。
 いつ観るの?
 今でしょ。
 流行のノリで、鑑賞を開始した。

 冒頭で、湖で水上スキーに興じる若者たちが登場。
 いかにも何か起こしそうだと思ったら、主人公・アンジェラらの家族にボートごと突進。
 うお、ひでえ。
 直接的な描写ではなかったが、心臓に悪い演出である。
 その事故で、アンジェラは父と兄(弟?)を失ってしまう。

 舞台は移り、8年後。
 アンジェラは叔母の家に引き取られたようで、いとこのリッキーと兄妹のように育つ。
 ハイテンションで厚化粧な叔母に送り出され、アンジェラとリッキーはキャンプ場へと向かった。
 キャンプ場では多数の子供たちが集まり、指導員のもとで楽しい時間を過ごす。
 しかし、トラウマからか、アンジェラは誰とも打ち解けようとしない。
 言葉も交わさないアンジェラに、一部の指導員や同室のジュディーらが腹を立て、苛めが始まった。
 そんなアンジェラを、リッキーはひたすらに守る。
 そして、リッキーの友人ポールも、アンジェラの味方をするようになった。
 ポールは、アンジェラに好意を持っていたのだ。
 次第にアンジェラの心も打ち解け、ポールとの距離は縮まっていった。
 その一方で、アンジェラに対する苛めも激化。
 ポールも、ジュディーの誘惑に乗って、アンジェラを裏切ってしまう。
 やがて、アンジェラに関わった人間は、次々と不幸が訪れる。
 その犯人とは……?





 80年代前半。
 俳優たちの年齢を考慮すると、スプラッター度が低いのは当然といえるだろう。
 寸胴に入った熱湯がこぼれて、全身やけど。
 トイレに幽閉の上、蜂の巣投入。この蜂はなんとミツバチ。
 ヘア・ドライヤーを凶器。
 オーソドックスにナイフ。
 面白い殺害方法もあるが、感想としてはハズしてしまった仕事人程度(代表:ひかる一平)。
 ヌルい展開に何が伝説的ホラーだと文句を言いそうになった時、突然理解不能なシーンが挿入される。
 クスクス笑う子供たち。
 
 彼らが見ているものは?
 
 あまりの唐突さに目を疑う。
 これが、伝説たる所以か?
 しかし、これではあまりに説明不足だ。
 そういうわけで、目は画面にくぎ付けとなる。
 いちおう、誰が犯人だか気にはなる。
 クライマックスでしっかり盛り上げ、いよいよ犯人の全貌が明らかに……。

 バアアーーン。
 うぎゃあぁー。
 人間とは思えぬ呼吸音。
 全ての感情を含めた表情。
 見開かれた瞳に、恐怖と混乱と哀愁と運命が感じられる。
 金切音のようなBGMが、その画を私の脳に刻みつけていく。
 画面では、二人の指導員が、これまた素晴らしい表情を作っている。
 表情だけでも分かりやすいが、観客に完全に理解させるという使命を二人は帯びている。
 交互につぶやく台詞の妙。
 英語にもかかわらず、犯人の正体がわかる一文がツボだ。
 月光に照らされる全裸の犯人。
 何故に全裸か?
 その伏線も、しっかり張られていたのだ。
 
 凄い。
 この演出は凄い。
 一歩間違えば、いや間違っている気もするが、これはバカネタの類だ。
 それを、ここまで衝撃的に仕上げるとは!?
 アメリカには本作の熱狂的ファンもいるらしいが、それも頷けるラストであった。
 
 本作のレビューは、既に怪奇伯爵の『世界のホラー・ショー』にて掲載されている。
 しかし、その興奮冷めやらず、本ブログでも取り上げることとした。
Category : 輸入ホラー

『CAMP SLAUGHTER』

Posted by 深城寺 雪広 on 17.2013 0 comments
CAMP SLAUGHTER

『CAMP SLAUGHTER』
2005年
アメリカ
監督:ALEX PUCCI




久々のブログ更新。
仕事が忙しくない時期ながら、野暮用が多い。
上司も代わり、環境も不安定だ。

そのような状況下、ふと目についたインドネシアのホラー映画に興味を持ち、DVDを探す。
海外のネットショップで2か所探り当てたが、いずれも信用できるか分からずに断念。
しかし、インドネシア・ホラーの魅力は、大いに高まった。
ジャケットといい、スプラッター度といい、結構な品質が期待できる。
これは、現地に行って調達するしかないか。
インドネシアで適当な観光地は、バリ島だ。
バリにホラーを買いに行く。
そんな人間、他にいるのだろうか?

さて、『CAMP SLAUGHTER』。
アメリカのインディペンデント系ホラー作品である。
ジャケットしか分からず、情報が全くなかったので、鑑賞してみた。
アメリカには、どうしようもないほどリアル・ゴアな作品も多数存在しており、これもその一種かとビビっていたが、少々毛色が違った。

題名とジャケットから取れるイメージはそのままで、キャンプ場で起きる惨劇である。
同パターンの作品は数多く存在するが、これはあえて80年代ホラーを模している。
製作陣は、80年ホラーを愛してやまない人たちかもしれない。

メイン州ハイワサ・キャンプで起きた殺人事件が発端。
時代は現代に移り、アンジェラら4人の友人達がドライブ。
ところが、車が故障して立ち往生。
得体の知れぬ存在に襲撃され、気づいてみたら朝を迎えていた。
キャンプに来ていた若者たちの助けを借り、4人は行動を共にする。
その中には、明らかに挙動不審な者も。

時が進むにつれ、アンジェラらは違和感に気づく。
何か、おかしい。
そして、雑誌の日付を見ると、なんと1981年ではないか。
これは、どういうことだ?

そして、キャンプ場は夜を迎える。
一人、また一人と影で消されていく若者たち。
闇の山中に吸い込まれていく悲鳴。
そこには、恐るべき惨劇が待っていた……。

犯人探しのサスペンス要素と、SF的現象のミックス。
インディーズの醍醐味を感じられる内容だった。
正直なところ、スプラッター度はトム・サビーニのいない13日の金曜日レベル。
しかし、既存ネタを併せて捻ったストーリーには好感が持てる。
これでゴア度がアップすれば(予算が上がれば)、そこそこのステータスを確保できるかもしれない。

意外とイケ面(80年代風)な男優が多く、逆に女優陣への萌え度は不足。
私的には、ハンガーゲームよろしく、ある女性のアーチェリー・シーンが感慨深い。
Category : 輸入ホラー
HOME 

プロフィール

深城寺 雪広

Author:深城寺 雪広
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

fc2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
1206位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ホラー
28位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中! 内容気に入ったらで結構です。 ↓クリックお願いします!

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

Copyright © 死霊の試写会:深城寺雪広のホラー映画ブログ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。